足のリンパの流し方はどうやると一番いいのでしょう?

足のリンパの流し方はどうやると一番いいのでしょう?

ボディスタDVD画面

足のリンパの流し方はどうやると一番いいのでしょう?それは足の先の方の毛細リンパから始めるのが良い方法です。足の先の方には毛細リンパがあって、リンパの流れの始まりになっているからです。
足のリンパと一口にいっても、始まりの方は毛細血管と同じように、ごくごく細ーいリンパ管なのです。そこから徐々に足のリンパも合流を繰り返して、鼠蹊部のリンパ節に流れ込むころには太くなっていくのです。

 

足のつぼを刺激しつつ足のリンパを流すようにすると、効果はさらに大きくなります。それは足のつぼが、神経の流れを整えて、ひいてはリンパの流れも整えるからです。

 

足のマッサージでリンパをびゅんびゅんと勢いよく流すには、流し方の手順があります。それはまず足先をもんで毛細リンパの流れを促すこと。そして足首から膝、膝から足の付け根に向かってながしていくんです。

 

足裏にはツボがたくさんありますから、そこを刺激してから足首方向にむかってさすりあげるようにするのが、リンパの流れを促進させます。

 

足のリンパマッサージには、足裏のつぼ刺激とともに、足にある三陰交というつぼ刺激を合わせるのが効果的となっていました。足のリンパの流し方はこうした足にあるつぼを押すことと、なでるような強さで足首からゆっくり膝へ向かうようにするのがよいのです。

 

足のリンパが集まるところは、脚の付け根のところのリンパ節です。ここで老廃物をろ過していき、さらに上のリンパの流れに向かっていきます。

 

詳しいリンパの流れを学びながらマッサージをするには、「ボディスタ」はとてもいいと思いました。リンパの流れを知っていれば、マッサージの効果は格段によくなるはずですものね。

 

●エステ顔負けの全身「美」痩せ術●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」

 

ダイエットでこんなことありませんか?


ボディスタダイエット★太っている人の特徴


ボディスタダイエット★女性はほとんどむくんでいる


ボディスタダイエット★公式ページへ

 

簡単ダイエットのボディスタって?

ボディスタ(ボディ☆スタ・ボディスタイリングダイエット)はただ痩せるだけではなく、気になる部分の部分痩せにも対応しています。
1日5分で1ヶ月で52kg→46kgになった方法、その証拠をご覧ください。革新的な簡単ダイエット方法はボディスタ(ボディ☆スタ・ボディスタイリングダイエット)のダイエット。
エステでのダイエットは、痩せるかどうかは、エステティシャンの腕によっても左右されますから、エステの質によっては、大金をかけても全く効果が無い事もあります。
★ボディスタに届いた口コミ情報です★正直、諦めてました。◆ビール好き、焼肉好き…。体重は増える一方…。正直、もう諦めてました。しかし、平日は1日5分、休日は10分やってみると本当に体の変化がわかるんです!嬉しくなって、どんどん続けちゃいました!これなら好きなだけ食べ飲み出来ますね!(笑)◆信じてみてよかった!
女性の同性の友人に対しての意見で、「デブは引き立て役」という意見には正直、私たちも驚いてしまいましたが、女性同士って無意識のうちに、格付けをし合っているものなんですよね。

 

ボディスタダイエット★間違ったダイエット


ボディスタダイエット★公式ページへ


ボディスタダイエット★こんな短期間でダイエット

 

●エステ顔負けの全身「美」痩せ術●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」

 

ボディスタダイエット★DVD


ボディスタダイエット★公式ページへはこちら

 

足のリンパの流し方はどうやると一番いいのでしょう?・・・

 

表面にあるリンパの流れをよくしたうえで、深部のリンパ管を流れるリンパの流れを促していけば、不要物や毒素の回収はすすんで、痩せやすい体になって基礎代謝もあがっていくとされいます。

足がだるいから眠れないままでは、睡眠不足で翌日ぼんやりしてしまいます。原因が足がむくんでいるせいなので、足を高くして寝る、マッサージをして足を軽くしておくという手当をして解消しておきましょう。毎日むくみを解消しておけば、むくみ改善になってゆくゆくはむくみにくくなるというわけです。

脚のむくみを解消できるグッズは、弾力の違う繊維を利用して、足首から上にむかって違う繊維を絡ませて脚がむくまないよう工夫されています。そのため一日中つけているとむくみにくいか出にくいということはいえます。脚が引き締まっている感じもしてその感覚が好きな人には適しているといえます。

足のむくみが立ち仕事が原因であれば、仕事をしながらでも改善できる方法をとってみてください。それにはかかとの上げ下げを気がついたら行うのです。小さな動きですが片足ずつかかとを数十回上下するだけで、ふくらはぎにたまった水分が戻りやすくなるのがわかっています。

漢方医にかかると体の状態を判断して、冷えをとる処方がなされます。漢方の薬は粉末状になった飲みやすいものがありますので、定期的に指定された量をのむと、ちゃんと改善されていくといいます。

 

●エステ顔負けの全身「美」痩せ術●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」

 

ボディスタダイエット★DVD


ボディスタダイエット★公式ページへはこちら